読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MBA留学シニアの通販生活日記 Mail order life diary of senior MBA studying abroad

US educated Senior will introduce several goods from japan & the world

米文化の日本

江戸時代は米が重要。全てが農業中心。
米に全てが結ぶつく。
農民が出て行くと米が生産できないので村に縛った。農業を捨てて出て行くのを防いだ。
都市に逃げ込む農民を排除。士農工商も農を上にしたのも米が重要だったから。

明治以降産業を興したのと都市が発達。戦後はアメリカの支援のもと工業化社会になった。
しかし頭の中は農業中心のイメージ。

今でも政治は農村が強い。名残。企業も村社会ができている。戦前の隣組やお寺での戸籍の
名残。

この江戸時代の意識と制度と戦後の西洋社会の意識との相克が結構ある。
村社会と騎馬民族社会の相克。


文学とかにも田舎育ちの人は農業の村社会の意識が強く残り。
都会育ちの僕には何を言ってるかわからんちんの文学がある。

村八分がテーマになる。これは潜在意識にがっちり江戸時代が残っている。
空気を読んだりね。

これはA型が多いいのでこうなる。

OとBとABは違う。人口の60パーセントはAじゃないのに空気を読んだり慎重だったり
村社会好きはAの影響。

Aは官僚的。規則は守るし朝早く起きて早く寝る。社会は良く回る。
OもBもABもいい加減。

中国インドはB。西洋はO社会。
だから合わない。